大谷山球場
<高槻リトルシニア専用・大谷山球場> 平成24年3月全面改装
2012年3月より、大谷山のグラウンドは新しく生まれ変わりました。
両翼91M、センター110Mのメイングラウンドとティーバッティングや守備練習、トレーニングが可能なサブグラウンドで構成されており、その他
雨天練習場として打撃ケージ、投球練習場、ティーバッティング場を備え、その全てに照明設備があり、夜間または雨天練習を可能にしています。特にメイングラウンドは新たに外野にも照明が備えられ、球場全面を使ったナイター練習を可能にしており、中学硬式野球チームでは、関西随一の設備を誇っています。
また、グランド設備として1塁側、3塁側、サブグランド用に各々キッチンを設けており、ビジターチームの方も気兼ねなく利用できるようにしております。観戦席も1、3塁側にそれぞれ設置していますので、各チームの応援合戦を繰り広げる事も可能です。その他、本部建屋、審判控室、放送室といった大会用の設備も充実しており、大谷山杯をはじめリトルシニアの大会の試合会場にも対応しております。


メイングランド
両翼91メートル、センター110メートル。
中学生の硬式野球場としては、充分な広さを確保しております。
内外野、夜間照明設備により、グラウンド全面を使用したナイター練習が可能です。



■ダッグアウト(1塁側) ■全体が見渡せます ■練習風景

■投球練習場(ブルペン) ■バックスクリーンから…

■得点係小屋も屋根付きです ■夜間照明設備 ■バックヤード(1塁側)

サブグランド
サブグラウンドはマウンド、ダイヤモンドが整備され、試合以外の一通りの練習がこなせるようにしております。
夜間照明がありますので、平日のナイター練習にも使用しています。



 ■キャッチボール    
     
 ■守備練習    
     
 ■サブグランド キッチン前  ■サブグランド用キッチン  
 
     
 ■バッティングケージ 2レーン(直球×1、変化球×1)、夜間照明完備
     
 ■投球練習場 2レーン、夜間照明完備
     
 ■ティーバッティング場 3レーン、夜間照明完備

■ロングティー ■守備練習 ■反対側から…。
 

ナイター練習設備
高槻リトルシニアの新しくなった大谷山球場の大きな特徴は、メイングラウンドの外野まで照らす明るい夜間照明が整備された事です。以前は内野部分だけであった為、ナイター練習は必然的にダイヤモンドを中心に行う物でしたが、現在の照明によって外野も含めたナイター練習を可能にしています。
高槻リトルシニアでは、毎週水曜、木曜をコーチ付きの平日練習日、金曜日を父母会付きの自主トレ日に充てており、午後18:15~20:15までこの夜間照明を使用してナイター練習を行っております。
また夜間照明はサブグラウンド、雨天練習場にも整備されており、昼夜を問わず球場全体を使った練習を実施できるようになっています。
(現在、ナイター試合を検討しております。)

広く外野まで照らす夜間照明設備

■フリーバッティング ■照明に浮かぶ得点板 ■ダッグアウトから

■バックスクリーンから ■レフト側外野から

■サブグラウンド ■雨天練習場 ■投球練習場(2レーン)

■打撃練習場(2レーン) ■打撃練習(ストレート球) ■打撃練習(変化球)


大谷山球場へのアクセス・地図

地図をクリックしますと、PDF形式で地図をダウンロードできます。

■長岡京市方面からのルート ( Googleマップ )  ※長岡京市役所から柳谷観音(楊谷寺)経由でのルート

■高槻市内方面からのルート ( Googleマップ )  ※国道171号線、八丁畷交差点からのルート


        Copyright Takatsuki Little Senior Baseball Team Allrights Reserved.